一般眼科外来

網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症は、カメラでいうフィルムの役割を果たしている網膜の静脈が詰まってしまい、網膜出血や網膜の中心部にあたる黄斑にむくみ(黄斑浮腫)を起こす病気です。
年を重ねると発症しやすい病気で、高血圧と動脈硬化と深い関連があり、糖尿病などの血液の粘性が増す病気がある方も発症しやすくなります。

網膜静脈閉塞症の根本的な原因は、動脈硬化であることが多いため、適度な運動や食生活、血圧・血糖値の管理といった健康的な生活習慣がもっとも大切な治療です。
しかし、視力低下が生じてしまった場合には特別な治療が必要になることがあります。

当院では、①抗VEGF抗体硝子体内注射、②トリアムシノロン注射、③レーザー治療、④硝子体手術を行っています。

一般眼科外来

  1. 視能矯正訓練

    視能矯正訓練

    梅の木眼科クリニックには視能訓練士が在籍しています。眼鏡やコンタクトだけでは視力が十分に出ない患者様に対し、見る機能を回復・改善するための訓練を行っています。

  2. 一般眼科・花粉症

    一般眼科・花粉症

    アレルギー性結膜炎、ものもらい、はやり目などの一般診療のほか、眼底検査、視野検査などの各種検査を行っています。目に不調を感じたらまずはご相談ください。

  3. 小児眼科

    小児眼科

    屈折異常、仮性近視、弱視、斜視、心因性視覚障害など、子供の目の異常は本人にも自覚が少なく、なかなか気付きにくいものです。お子様の見る様子に違和感を感じたらお早めの受診をお勧めします。

  4. 糖尿病網膜症

    糖尿病網膜症

    糖尿病の合併症、糖尿病網膜症は最初は自覚症状がありません。放置すると血糖値の悪化に伴い失明に至ることがあります。糖尿病と診断されたら定期的な眼底検査をお勧めします。

  5. 加齢性黄斑変性

    加齢性黄斑変性

    加齢によって黄斑の機能が低下し、視界が歪んで見え、視力の低下などを引き起こしてしまいます。重症の場合は失明する恐れもあるため、適切な治療が必要です。

  6. 網膜静脈閉塞症

    網膜静脈閉塞症

    網膜静脈閉塞症は、カメラでいうフィルムの役割を果たしている網膜の静脈が詰まってしまい、網膜出血や網膜の中心部にあたる黄斑にむくみ(黄斑浮腫)を起こす病気です。

  7. 緑内障

    緑内障

    緑内障は失明の大きな原因となる病気です。視神経の障害にいたると元には戻りませんので、早期発見・早期治療によって進行を止めることが重要です。

PAGE TOP