日帰り手術

白内障

目をカメラに例えると、カメラのレンズに相当するのが水晶体です。
その水晶体が濁った状態になるのが白内障です。
白内障はさまざまな原因で起こりますが、最も多いのは加齢によるものです。
個人差がありますが、誰でも年をとるにつれ、水晶体は濁ってきます。60歳で70%、70歳で80%、80歳を過ぎると程度は様々ですが、100%白内障は出現します。
最近では、アトピー性皮膚炎や紫外線、糖尿病などの合併症として、若い人の発症も増えています。

<白内障の治療>
●点眼薬
白内障の進行をある程度遅らせるためのものです。
白内障の症状を改善したり、視力を回復させることはできません。
●手 術
白内障が原因で生じている症状や視力を改善させるためには手術が必要です。

不快さや不便さが白内障が原因であると診断されればいつ手術を受けても良いことになります。
しかし、無理に手術を受ける必要はありません。
当院では、どの程度不便さを感じているかやご事情など(免許更新 等)を踏まえて患者様と相談しながら手術の時期を決め、白内障手術を行っています。

<日帰り白内障手術>
当院では日帰りで白内障手術を行っています。 
手術にかかる時間も10分程度で、麻酔も局所麻酔によってほとんど痛みはありません。
また創口は縫合することなく自己閉鎖します。
患者様の不安・負担を出来る限り軽減する手術を心がけています。
手術翌日から、ほとんどいつもと同じ日常をおくる事ができますので、時間的にも経済的にも余裕をもって手術を受けることが可能です。

<眼内レンズ>
吸い出した水晶体の代わりとなる人工の水晶体です。
眼内レンズは「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」の2種類あります。
白内障手術では一般的に単焦点レンズの眼内レンズを使用します。
単焦点眼内レンズは、ピントの合う点が1点のみになるため、遠方の見え方を重視すると近方はピントが合わないために老眼鏡が必要になります。
逆に近方の見え方を重視すると、遠くを見るときには近視用のメガネが必要になります。
この欠点を補い、できるだけメガネを使いたくないというニーズに応えるために登場したのが多焦点眼内レンズです。
当院では、患者様の目の状態とライフスタイル、ご希望の見え方に応じて十分ご説明した上で使用するレンズを決めています。

PAGE TOP