一般眼科外来

加齢性黄斑変性

眼球をカメラに例えるとフィルムにあたる網膜のほぼ真ん中に黄斑(おうはん)と呼ばれる部分があります。黄斑は中心視力の9割を担うといわれており、ものの詳細を見分けたり、色を判別するのにとても大切な場所です。さらに、黄斑の中心は中心窩と呼ばれ、視力にもっとも重要な場所です。
加齢黄斑変性症は、網膜の下の脈絡膜というところから黄斑の網膜に向かって、新生血管という異常な血管が生えて、出血したり、血液中の水分(滲出液)が漏れて溜まってしまうことで、中心部に見えないところやゆがみを生じ、視力が低下する病気です。50歳以上の約1.2%(80人に1人)に見られ、年を重ねるごとに多くなり、患者数も年々増える傾向にあります。
新生血管が発生・発育して、血液や滲出液がもれだす原因物質として血管内皮増殖因子(VEGF)が見つかっています。
VEGFは正常な血管を形成し、維持するために不可欠な物質ですが、本来は必要のない血管を発生させるなど、加齢黄斑変性では悪いはたらきをします。

<加齢性黄斑変性にかかりやすい人>
加齢性黄斑変性症は、歳をとればかかるおそれのある病気です。
日本では加齢性黄斑変性症を主とした黄斑変性症は視覚障害者の原因疾患の第4位です。この疾患の主な原因は、加齢や生活習慣の欧米化などです。 欧米では以前より主要な失明原因となる怖い病気として知られていましたが、日本でも高齢者の増加に伴って患者さんが増えています。
また喫煙者に多くみられることも報告されています。

網膜の中心部が悪くなるので、視野の中心のもっともよく見ようとするものが見えにくくなります。病巣が黄斑に限られていれば、見えにくい部分は中心部だけですが、大きな出血がおこれば、さらに見えにくい範囲は広がります。
加齢性黄斑変性症は進行するにつれて視力低下はもとより、日常生活の不自由さがとても強くなるご病気です。診断された際には定期検査および適切な治療を受けることをお勧めいたします。
当院では視力検査、眼底三次元画像解析装置(OCT)等を用いて適切な治療をご提案してまいります。

加齢性黄斑変性症の治療には、以下のものがあります。
●抗VEGF抗体硝子体注射
●レーザー治療
●光線力学療法(PDT)

当院で行える治療は抗VEGF抗体硝子体注射です。それ以外の治療が必要な場合には適切な病院をご紹介させていただきます。

一般眼科外来

  1. 視能矯正訓練

    視能矯正訓練

    梅の木眼科クリニックには視能訓練士が在籍しています。眼鏡やコンタクトだけでは視力が十分に出ない患者様に対し、見る機能を回復・改善するための訓練を行っています。

  2. 一般眼科・花粉症

    一般眼科・花粉症

    アレルギー性結膜炎、ものもらい、はやり目などの一般診療のほか、眼底検査、視野検査などの各種検査を行っています。目に不調を感じたらまずはご相談ください。

  3. 小児眼科

    小児眼科

    屈折異常、仮性近視、弱視、斜視、心因性視覚障害など、子供の目の異常は本人にも自覚が少なく、なかなか気付きにくいものです。お子様の見る様子に違和感を感じたらお早めの受診をお勧めします。

  4. 糖尿病網膜症

    糖尿病網膜症

    糖尿病の合併症、糖尿病網膜症は最初は自覚症状がありません。放置すると血糖値の悪化に伴い失明に至ることがあります。糖尿病と診断されたら定期的な眼底検査をお勧めします。

  5. 加齢性黄斑変性

    加齢性黄斑変性

    加齢によって黄斑の機能が低下し、視界が歪んで見え、視力の低下などを引き起こしてしまいます。重症の場合は失明する恐れもあるため、適切な治療が必要です。

  6. 網膜静脈閉塞症

    網膜静脈閉塞症

    網膜静脈閉塞症は、カメラでいうフィルムの役割を果たしている網膜の静脈が詰まってしまい、網膜出血や網膜の中心部にあたる黄斑にむくみ(黄斑浮腫)を起こす病気です。

  7. 緑内障

    緑内障

    緑内障は失明の大きな原因となる病気です。視神経の障害にいたると元には戻りませんので、早期発見・早期治療によって進行を止めることが重要です。

PAGE TOP