一般眼科外来

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、日本国内で失明を含めた視覚障害の原因の第2位となっています。糖尿病と言われたら、必ず眼科で検査を受けてください。

現在、予備軍も入れれば糖尿病患者数は約2000万人、実に6人に一人は糖尿病の可能性があると言われています。
その糖尿病の合併症の一つに「糖尿病網膜症」があります。よく「糖尿病になると失明する」と言われますが、糖尿病患者の約2割から4割がこの糖尿病網膜症といわれ、日本人の失明原因の第二位でもあります。
眼球をカメラに例えるとフィルムにあたる網膜は、はりめぐらされた細い血管(毛細血管)により栄養を補給され、その働きが保たれています。
糖尿病の患者様の血液は、糖が多く固まりやすい状態になっているので、網膜の毛細血管を詰まらせたり、血管の壁に負担をかけて眼底出血をしたりします。こうなってくると、網膜へ栄養が行き渡らず、糖尿病網膜症が進行していってしまいます。

糖尿病網膜症は、網膜の状態などから進行の段階が3つに分けられます。

<自覚症状がなくても進行しています>

糖尿病網膜症に伴って、黄斑がむくんだ状態を「糖尿病黄斑浮腫」といいます。
斑浮腫は網膜血管全体や毛細血管瘤から血液成分(水分やたんぱく、脂肪など)が漏れ出して、黄斑部にたまることで起こります。
黄斑部に血液成分が漏れ出すことで、見たい部分に視力障害をきたします。
初期の段階で治療を開始することが大切です。

当院では、①レーザー治療、②抗VEGF硝子体内注射、トリアムシノロン注射、③硝子体手術を行っています。

<糖尿病網膜症で失明しないためには>
糖尿病網膜症は初期には自覚症状がなく、何年かしてから視力低下を自覚された時にはかなり進行している場合が多いです。ですので、糖尿病と診断されたら眼科も必ず定期検査を受け、早期から適切な治療を受けることをお勧めします。

一般眼科外来

  1. 視能矯正訓練

    視能矯正訓練

    梅の木眼科クリニックには視能訓練士が在籍しています。眼鏡やコンタクトだけでは視力が十分に出ない患者様に対し、見る機能を回復・改善するための訓練を行っています。

  2. 一般眼科・花粉症

    一般眼科・花粉症

    アレルギー性結膜炎、ものもらい、はやり目などの一般診療のほか、眼底検査、視野検査などの各種検査を行っています。目に不調を感じたらまずはご相談ください。

  3. 小児眼科

    小児眼科

    屈折異常、仮性近視、弱視、斜視、心因性視覚障害など、子供の目の異常は本人にも自覚が少なく、なかなか気付きにくいものです。お子様の見る様子に違和感を感じたらお早めの受診をお勧めします。

  4. 糖尿病網膜症

    糖尿病網膜症

    糖尿病の合併症、糖尿病網膜症は最初は自覚症状がありません。放置すると血糖値の悪化に伴い失明に至ることがあります。糖尿病と診断されたら定期的な眼底検査をお勧めします。

  5. 加齢性黄斑変性

    加齢性黄斑変性

    加齢によって黄斑の機能が低下し、視界が歪んで見え、視力の低下などを引き起こしてしまいます。重症の場合は失明する恐れもあるため、適切な治療が必要です。

  6. 網膜静脈閉塞症

    網膜静脈閉塞症

    網膜静脈閉塞症は、カメラでいうフィルムの役割を果たしている網膜の静脈が詰まってしまい、網膜出血や網膜の中心部にあたる黄斑にむくみ(黄斑浮腫)を起こす病気です。

  7. 緑内障

    緑内障

    緑内障は失明の大きな原因となる病気です。視神経の障害にいたると元には戻りませんので、早期発見・早期治療によって進行を止めることが重要です。

PAGE TOP