梅の木眼科クリニック|横浜市横浜市保土ケ谷区西谷の眼科|白内障、硝子体手術

MENU
お問い合わせ Tel.045-371-2666

〒240-0054
神奈川県横浜市保土ケ谷区西谷1-25-21

  • HOME
  • 加齢黄斑変性
加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは

加齢黄斑変性

眼球をカメラに例えるとフィルムにあたる網膜のほぼ真ん中に黄斑(おうはん)と呼ばれる部分があります。黄斑は中心視力の9割を担うといわれており、ものの詳細を見分けたり、色を判別するのにとても大切な場所です。さらに、黄斑の中心は中心窩と呼ばれ、視力に重要な場所です。

加齢黄斑変性症は、網膜の下の脈絡膜というところから黄斑の網膜に向かって、新生血管という異常な血管が生えて、出血したり、血液中の水分(滲出液)が漏れてたまってしまうことで、中心部に見えないところやゆがみを生じ、視力が低下する病気です。50歳以上の約1.2%(80人に1人)に見られ、年を重ねるごとに多くなり、患者数も年々増える傾向にあります。*

新生血管が発生・発育して、血液や滲出液がもれだす原因物質として血管内皮増殖因子(VEGF)が見つかっています。
VEGFは正常な血管を形成し、維持するために不可欠な物質ですが、本来は必要のない血管を発生させるなど、加齢黄斑変性では悪いはたらきをします。

*Yasuda M et al.:Ophthalmology 2009;116:2135-40より改変(1998年と2007年の調査による9年間の加齢黄斑変性の発症率)

加齢性黄斑変性にかかりやすい人

加齢性黄斑変性症は、年をとればかかるおそれのある病気です。
日本では加齢性黄斑変性症を主とした黄斑変性症は視覚障害者の原因疾患の第4位*です。この疾患の主な原因は、加齢や生活習慣の欧米化などです。欧米では以前より主要な失明原因となる怖い病気として知られていましたが、日本でも高齢者の増加に伴って患者さまが増えています。
また喫煙者に多くみられることも報告されています。

*「網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究平成17年度総括・分担研究報告書42.わが国における視覚障害の現状」より

主な症状

主な症状

網膜の中心部が悪くなるので、視野の中心のもっともよく見ようとするものが見えにくくなります。病巣が黄斑に限られていれば、見えにくい部分は中心部だけですが、大きな出血がおこれば、さらに見えにくい範囲は広がります。
加齢性黄斑変性症は進行するにつれて視力低下はもとより、日常生活の不自由さがとても強くなるご病気です。診断された際には定期検査および治療を受けることをお勧めいたします。
当院では視力検査、眼底3次元画像解析装置(OCT)等を用いて治療をご提案してまいります。

加齢黄斑変性の治療

加齢性黄斑変性症の治療には、以下のものがあります。

抗VEGF抗体硝子体注射

新生血管の成長やそこから漏れ出す血液中の水分を減らします。

抗VEGF抗体硝子体内注射についてはこちら

レーザー治療

レーザー光線を新生血管のあるところに照射します。中心窩から離れたところに新生血管がある場合に行う治療です。

光線力学療法(PDT)

光に反応するお薬を腕の静脈から注射投与し、弱いレーザーを照射して新生血管を閉塞させます。

当院で行える治療は抗VEGF抗体硝子体注射です。
それ以外の治療が必要な場合には病院をご紹介させていただきます。